Environmental management

環境経営

ESD投資など企業価値評価の重要項目となった自社の環境スコア対策
助成・補助金の有効活用をサポート

環境スコア対策

【企業価値評価に環境対策が重要】

企業の環境対策を評価・数値化し企業価値評価判断に活用されています。 大手サプライチェーン、調査会社、認証団体、投融資機関、官公庁様々な団体で独自の評価基準を設け企業評価に活用されています。 投資家の関心も高く、一定以上の環境スコアがある企業には金利や条件面での優遇を設けています。 一方環境スコアが一定基準に達してなければ取引を行わない事や投融資をが難しくなったりしています。 但しこれらの評価基準や内容関しては統一された規格はなく、各団体独自で定め内容は非公開となっています。 今後企業側もこれらの評価に対する対策・表現方法を工夫する必要があります。

【ESG投資】

  1. E 環境
      Environment
  2. S 社会
      Social
  3. G 統治
      Governance

ESG投資とは「環境」「社会」「統治(企業統治)」を考慮した投資で、 規模の大きな投資や公的要素のある投資で広く行われています。 このESGへの取り組みには脱炭素・省エネへの取り組みも含まれるSDGsの17の目標なども当てはまり、 企業の持続可能な開発目標(SDGs)やその実施内容がESG投資の要素に大きく関わります。

【CSR(企業の社会的責任)】

気候変動対策だけではなく社会全般で企業活動は欠かせないものとなっています。 それに伴い企業が社会全体に及ぼす影響も大きく、急激な気候変動の大きな原因の一つとなています。 従来予測できなかった不足な事態が起こっても直ぐに解消できる企業力が注目されていましたが、 現在ではその付則自体も予測し環境・社会に悪い影響を与えない様にできる企業力が求められるようになっています。

助成金・補助金の有効活用をサポート

【対象となる事業・設備導入の見極め】

毎年環境省・経済産業省を中心に温暖化対策や脱炭素・省エネ対策の分野に多くの助成金・補助金があります。

【前年度からの準備が有効】

政府の政策により毎年形を変えての事業や補助条件等の変更はあるが、毎年公募される事業等様々あります。

基本概念として気候変動対策に繋がる「脱炭素」「省エネ」「新エネルギー」関するものには何かしらの支援があります。 但し、公募期間は短く、申請作業においても公募が始まってからでは到底間に合わないものが多く、 予算成立状況や各省庁の概算要求、各種基本計画、審議会等の状況を見極める早めに準備する必要があります。

Copyright(c) 2021 EcosCreation Co.,Ltd. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com